自由貿易区大連片区に尽力して「一帯一路」に融合する七本の中国−欧州間の国際定期貨物列車
トップページ > 経済・社会 >経済・社会ニュース
        現在では、大窯湾コンテナー鉄道センター駅から毎週のように、中国−欧州間の国際定期貨物列車が行き来しています。
        我が国の華東、華北、東南沿海などの地域及び日本、韓国、東南アジア諸国からの電子製品、設備、自動車、建材などの物品がここに集まり、欧州奥地へ運ばれています。欧州からの板材、パルプ、機械部品、自動車付属品などの輸入品もここに到着し、ここの海陸双方向通路でターゲット市場に運ばれます。
        大連保税区中国−欧州間の国際定期貨物列車は、2013年から運営して以来、その数量はずっと増えており、シー&レール複合一貫輸送コンテナー量年間平均で伸び幅150%で、既に今では7本の定期便回線が開通されており、中欧の10か所の都市まで接続し、ユーラシア大陸を貫通する国際貿易大動脈を形成し、長城自動車、サムスン電子、大宇電子、極東森林工業などの国内外の企業のために、大幅に輸送コストを削減し、資金回転率を加速化し、これらの企業が激しい「一帯一路」の市場競争で、先手を打っています。
        伝統的な海運と比べると、中国−欧州間の国際定期貨物列車が時間を短縮し、輸送効率を高め、輸送コストを削減しました。そのうち、大連からロシアカルーガ州までの「三つ星定期便」は、フルコースで10日間がかかり、伝統的な海運より30日が短縮しました。大連からモスクワまで冷蔵コンテナー定期便は、フルコースで12日がかかり、伝統的な海運より30日短縮しました。遼海欧通路は、大連から出発して、ベ-リング海峡、北極海を経て、オランダのロッテルダム港に到着し、フルコースで27日がかかり、マラッカ海峡を渡るより、9天が短縮し、双方向運行が実現しました。
        「一帯一路」沿線に点在している港運ネットワークと持続的に最適化されている港運サービスシステムは、効果よく商流、キャッシュフロー、情報流の集積放射を牽引し、国内外の物流企業の大連でのレイアウトを誘致できています。
        次のステップとして、鉄道中心駅も新たな定期便回線を増え、大連、遼寧ないし東北地域が「一帯一路」に融合するために力強い原動力を注ぎます。