一日の発注量が2万件で、新しい突破を実現した保税区のクロスボーダー電子商取引の保税輸出のダイレクトメール
トップページ > 経済・社会 >経済・社会ニュース
        2月24日、25日という二日間において、大連保税区のクロスボーダー電子商取引保税輸出ダイレクトメール業務が合計で47603件を達成し、クロスボーダー電子商取引保税輸出量の新しい突破を実現しました。
        クロスボーダー電子商取引保税輸出ダイレクトメールは、去年の12月21日の一件目の実現から今日に至るまでわずか二か月たっておらず、発注件数が既に24万件を上回っています。
        クロスボーダー電子商取引保税ダイレクトメール輸出モデルは、保税区が保税商品揃え輸入モデルを整備してから立ち上げたクロスボーダー電子商取引輸出のもう一つの新しいモデルで、大連及び東北奥地のクロスボーダー電子商取引輸出のために新しいルートを設けました。
        大連は、良好な経済と外国貿易の基盤を持っており、企業がクロスボーダー電子商取引への展開ニーズが非常に強いものです。
        2018年に、税関監督管理配達チャンネルの出国の郵便物が約800万件であるが、伝統的な輸出企業が物流において航空小包、郵送、速達便郵政小包、速達便などの方式しか採用できず、企業は、輸出税還付と為替決済を行うことができません。輸出発注量もクロスボーダー電子商取引統計口径に組み入れることもできないのです。
        企業の実際な困りごとを解消することに役立つため、金普新区クロスボーダー電子商取引作業推進チームは、積極的に大連税関、大連郵政税関、遼寧電子港湾、中国郵政速逓物流大連分公司とコミュニケーション、協調し、南部の先進な地域の経験参考にして、ゼロから大連の9610輸出モデルを構築し、税関の大きな支援の下で、クロスボーダー電子商取引のダイレクトメール輸出を実現しました。今年の1月中旬において、郵政小包は1万件を突破し、業務の更なる展開に伴い、旧正月後に日間発注量が2万件以上で推移し、ピーク時は3万件にも及んでいます。