先行試験!信用コミットメント制度を試行する大連保税区の危険化学品経営許可証、「即時完結型」を実現へ
トップページ > 経済・社会 >経済・社会ニュース
        企業の事務感覚の快適さを高め、事中事後監督管理イノベーションを強化するため、大連保税区は、国際共通ルールにベンチマーキングし、全国でいち早く危険化学品経営許可信用コミットメント制度を立ち上げました。
        今後、倉庫保管なしの、伝票貿易やり取りの業務だけを行う危険化学品経営企業は、大連保税区で許可証を受給申告時に、関連資料について資料不足でも受理することができ、即時完結型で、現場で証書発行することになっています。申請企業は、誓約書を締結し、3カ月以内において申告要件を補正することをコミットメントします。期限が過ぎてもこれを補正していない場合は、直ちに危険化学品経営行為を終止し、証書発行機関は法によりその許可証を抹消します。
        信用コミットメント制度の試行は、最大限に行政許認可の効率を高めることができ、ビジネスのソフト環境を最適化し、効果よく市場の潜在的活気を引き出し、企業の自律意識と誠実信用レベルを高めることができます。この取り組みは、国内石油化学業界で良好な口コミ効果を形成し、より多くの規模のある石油化学貿易企業が大連保税区で登録投資することを誘致することになります。