「在宅申請し、在宅で許可証印刷し、在宅で経営します」。さらにグレードアップされた大連自由貿易片区のビジネス環境
トップページ > 経済・社会 >経済・社会ニュース

考えられますか

大連自由貿易片区では

在宅申請し、在宅で「許可証印刷し」、在宅で経営することは

実現できます

これは大連自由貿易片区です

事業者のビジネス環境サービスのアップグレードを目指す

もう一つの重要な取り組み

 

        最近設立された桓瑀国際貿易(大連)有限公司はインターネットを通じて大連自由貿易片区に登録されました。当日、同社は予約した法人携帯電話番号と検証コードを通じて大連自由貿易片区の「法人空間」サイトに登録し、営業許可証のスキャンを印刷し、契約締結などのビジネス事項に使用しました。続いて、同社は告知約束という形で「食品経営許可証」を取得しました。会社の設立を申請してから営業許可書を取得し、さらに経営を展開するまでに、この会社はいながらにして登録から経営までのすべての手続きを完成しました。

        このような便利な投資環境、効率的なサービス効率は、大連自由貿易片区が先日正式にオープンした「法人空間」のおかげです。

        大連自由貿易片区の「法人空間」は今年63日に正式にオープンしました。これは営業許可書、経営許可、事中・事後監督管理データなど、法人に関する各種政務サービス情報をカバーしています。大連自由貿易片区に登録された企業法人は、実名携帯電話番号で登録し、関連情報を検索したりダウンロードしたりして、いながらにして審査事項を処理して、手続きの進捗をリアルタイムで把握できます。「在宅申請し、在宅で許可証印刷し、在宅で経営する」ことが可能になりました。

        同様に、自由貿易片区の各職能部門も「法人空間」で企業の関連データと情報を共有し、行政審査承認、事中・事後監督管理などの事項を取り扱うために、企業は関連資料を再提出する必要がないものです。

        桓瑀会社を例にすると、当該企業は「法人空間」に登録した後、告知約束という方式で「食品経営許可証」を取得し、職能部門は「食品経営許可適合性認証規範」と「適合性認証リスト」に従って、第三者会社から適合性認証業務を立ち上げます。「バリアフリー、干渉しない」という状況下で、企業登録経営のすべての手続きを順調に完了しました。

        大連片区の「法人空間」の開通は、企業法人を主体としたデータ共有作業の重要な進展を示しています。片区内の企業のビジネス手続きはもっと効率的で便利になっており、いながらにして関連している審査事項を処理してリアルタイムで進捗情報を処理することができます。「在宅申請し、在宅で許可証印刷し、在宅で経営すること」は、大連自由貿易片区にある企業の新たな風物詩となっています。

        同時に、「中国(遼寧)自由貿易試験区大連片区管理委員会行政審査専用印」が正式に使用され、大連片区内には省市からの権限移譲と区級行政職権を含む176件の審査事項が「一つの部門、一つの印鑑」の承認を実現しました。

        次のステップは、大連自由貿易片区は引き続き国際先進を目標にし、さらに「放管服(「行政簡素化と権限委譲」、「監督管理の強化」、「サービスの最適化」)の改革を深化させ、国内一流、国際先進的なビジネス環境を構築するために積極的に努力していきます。